「日本を護る会」   設立趣旨

   我が国は有史以来、その恵まれた地政学的環境と先人達の努力により極めて質の高い文化国家を
  築いて来た。我が国の文化の特徴としては、武士道に象徴されるように、自己に厳しく、他人に寛
  容と共生、そして、広く国民一般の勤勉な生活態度に表される高い精神文化、恵まれた自然環境に
  よる人知を超えた自然への畏敬の宗教観、自然との調和を重んじ、豊かな感性による美術、文学、
  音楽、芸能等の諸芸術、さらに
は高い水準を誇る識字率に示される高い教育水準等が上げられるで
あろう。

 明治初期以降に於ける西欧文明との本格的な接触に際しては、それ以前に蓄積されていたこれ等の国力を土台として短
期間に世界の有力國の一角をなすに至った。

 しかしながら、昭和20年の敗戦の結果、多くの国民が自信を喪失し、戦後一挙に流入した米国等の外国文化の影響を強
く受けると共に我が国の歴史に対する否定的な思想も台頭し、我が国本来の文化、伝統が失われ始め、戦後
70年以上を経
た現在においても我が国本来の文化を取り戻したとは言えない状態にある。

 かかる状況に鑑み、「日本を護る会」は、我々の先人達が世界に示した我が国独特の精神とその遺した業績を、特に次
代を担う若い世代に対して伝える事により、我が国本来の文化・伝統の復興を図り、以って、我が国の再建に資する活動
を行う事を目的とする
NPO法人である。
 

  この設立趣旨に則り、当会は次の活動を行う。

1 先人達の遺された我が国本来の伝統・精神を学ぶための講演会

2 国防に関する理解を深めるための諸活動

3  情操を育む青少年教育及び各種社会貢献活動促進への協力

4  国際的視野発揚のための研修等

 

              日本を護る会 理事長 大橋武郎

     
           
ご入会案内ご入会案内
本文へスキップ