Ⅰ 活動方針

 設立趣旨の目的を達成するための活動を次のように行います。

(1) 定例会の開催
  原則として1月、5月、8月を除く毎月第2木曜日の夕刻に定例会を開催し、
 我が国の歴史、先人達の偉業、我が國の文化の本質とその継承、及び國家防衛
 等に関する講演、並びに講師との質疑応答を行います。

(2) 現地研修
  定例会で学んだ事に関連する施設等を実地に訪問して実態を学ぶと共に会員
 相互の交流を図ります。

(3) Home Pageの活用
 
 本クラブの活動に関し、多くの人達の認識を広めるためにHome Pageを充
 実し、会員等の意見発表、定例会及び現地研修等への参加所見を通じて会員相
 互の交流と本クラブの会勢拡張を図ります。


Ⅱ スケジュール
第80回定例会のご案内

 梅の便りが聞かれる今日この頃ですが皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。今回の講師は
、大阪市立大学名誉教授の山下英次氏にお願い致しました。特に先の大東亜戦争に焦点をあて、当時
の 世界情勢を踏まえて日本が戦争に突入せざるを得なかった状況等に関してのお話です。今までも
いろいろな方が取り上げられた命題ですが、通常の戦史家とは一味異なる観点からのお話になると思
われ、大変興味ある、重要なテーマであると思います。是非多数の皆様にご参加頂きたくご案内申し
上げます。


1 講師 : 山下英次氏 大阪市立大学名誉教授・経済学博士 、国際歴史論戦研究所(iRICH)所長

2 演題 : 「第2次大戦とはどのような戦争であったのか」−日本は何故大東亜戦争を戦う事になったのか

3 講師略歴 : 1947年東京生まれ、1970年慶應義塾大学経済学部卒業。旧東京銀行に入行し調査部、
          国際投資部、海外部などに勤務後、1988年大阪市立大学に移籍。同大学大学院経済学
         研究科教授を経て、現在、国際通貨研究所(IIMA)客員研究員。アパ日本再興財団の懸賞
         論文「真の近現代史観」で4回入賞(2014、2015、2016、2018年) 

4 著 書: 『国際通貨システムの体制転換』(東洋経済新報社、2010年)、『ヨーロッパ通貨統合―その成り
        立ちとアジアへのレッスン』(勁草書房、2002年)など

5 日時  平成31年3月13日(水) 受付開始 午後6時00分〜 開 演 午後6時30分〜

6 場所 銀座 カフェ ジュリエ (Cafe Julliet) 
      東京都中央区銀座5-13-16東銀座三井ビル1F  03-3543-3151
      東京メトロ 東銀座駅4番出口徒歩1分
      (東銀座駅出口4番三原橋交差点から昭和通りを歌舞伎座とは反対方向へ54メートル)

7 参加費 2、500円 会員は2,000円(いずれも1,000円の寄付を戴ける場合)、学生は1,000円、
       高校生以下は無料
 講演終了後(午後8時半頃)に軽い懇親会(1時間程度、会費2,000円)を講演会場で行います。
 お時間のある方は是非ご参加下さい。

 講演会及び懇親会に御参加希望の方は、3月7日(木)までに原則としてメールにてお申し込みください。 
 *FAXにてお申し込みの場合はご記入後、本ページを切り取らずに送信して下さい。 

3月13日(水)の定例会に参加します。 懇親会( 出席 、欠席 ) どちらかに○印
ご 氏 名
ご 住 所
電話 Fax:
E-mail
 ★★連絡先★★
NPO法人日本を護る会事務所
FAX:03-3985-1008
e-mail: awake-japan@googlegroups.com
HP: http://awake-japan.sakura.ne.jp/


第79回定例会のご案内

 年も明け厳しい寒さが続くこの頃ですが皆様お元気でお過ごしのことと存じます。新年最初の定例会として教育・歴史学者の杉原誠四郎氏による講演会を開催致します。安倍内閣は第3次内閣となりました。安倍首相も長期安定政権の今こそ懸案の憲法改正に取り組むべしと静かに闘志を燃やしているものと想像されます。日韓関係は一向に良くならないどころかむしろ悪化、日中関係は今は小康状態のようですが尖閣諸島水域への中国の不法侵犯は執拗に続いています。かかる時に在って日本は自主防衛に、或いは米国との安保条約よる共同防衛に、現在の憲法が有効に機能するのかあるいは障害になるのか従来に増して議論を呼ぶ所でしょう。よって憲法その他の法律や近現代史に精通しておられる杉原氏による今回のご講演は憲法改正に関して古くまた新しい時宜に適した興味深いお話になると存じます。奮ってこのご講演にご参加頂きたくご案内申し上げます
                         

1 演 題  「 憲法改正は必要なのか 」 

2 講 師: 杉原誠四郎氏 「新しい歴史教科書を作る会」前会長、現顧問 

3 講師略歴: 
  1941年 (S16年) 出生 (広島県) 
  1965年 ( S 40年)東京大学教育学部 卒業
  1967年 ( S 42年)東京大学、教育学研究科系大学院 修士課程修了
  以後武蔵野大学教授、帝京平成大学教授等歴任、現在に至る
  2011年から2015年迄 「新しい歴史教科書を作る会」会長、現顧問
  著 書:『日米開戦とポツダム宣言の真実』 (亜紀書房 1995年) 「杉原千畝と日本の外務省
      ―椎原千畝はなぜ外務省を追われたか」(亜紀書房 1999年) 「吉田茂という反省」
     (自由社 2018年 共著) 他多数

4 日時 平成31年2月7日(木) 受付開始 午後6時00分〜 開 演 午後6時30分〜

5 場所 銀座 カフェ ジュリエ (Cafe Julliet) 東京都中央区銀座5-13-16東銀座三井
     ビル1F 03-3543-3151 東京メトロ 東銀座駅4番出口徒歩1分 (東銀座駅出口4番三原
     橋交差点から昭和通りを歌舞伎座とは反対方向へ54メートル) 

6 参加費 2,500円(1,500円の寄付を戴ける場合)、会員は、2,000円(1,000円の寄付を戴ける場合)、
     学生は1,000円、高校生以下は無料です。

   講演終了後(午後8時半頃)に軽い懇親会(1時間程度、会費2,000円)を講演会場で行います。
    お時間のある方は是非ご参加下さい。 講演会及び懇親会に参加ご希望の方は、2月1日(金)
   までに原則としてメールにてお申し込みください。 

*FAXにてお申し込みの場合はご記入後、切り取らずに本ページを送信して下さい。 
2月7日(木)の定例会に参加します。 懇親会( 出席 、欠席 ) どちらかに○印
ご 氏 名
ご 住 所
電話 Fax:
E-mail
 ★★連絡先★★
NPO法人日本を護る会事務所
FAX:03-3985-1008
e-mail: awake-japan@googlegroups.com
HP: http://awake-japan.sakura.ne.jp/




「日本を護る会」第31回研修会

平成31年新年の芝大神宮昇殿参拝ご案内

 本年もはや師走に入り寒さも日々に厳しくなっておりますが皆様にはお元気でお過ごしの事と拝察いたします。「日本を護る会」は今年頭には東京大神宮に昇殿参拝をいたしましたが来る新年には同社と同じ天照大御神と豊受大神を祀る芝大神宮に昇殿参拝し国運隆盛や身体強健などのご祈願を致したいと思います。芝大神宮のご創建は真に古く平安時代(1005年) 一条天皇の御代と伝えられます。
鎌倉時代には源頼朝公に社地の寄進を受け江戸時代には江戸の大産土神として庶民の信仰を集めました。また関東のお伊勢(芝神明)さまとして崇敬されましたが一方今でも歌舞伎で上演される「め組の喧嘩」の舞台としても有名です。昇殿参拝の後は近くで昼食会を催したいと計画しております。その後は近くに有名な芝増上寺もあり歴代徳川将軍の墓所も公開されていますので散策も楽しめます。是非ご参加下さい。


1 日時 平成31年1月14日(月曜:成人の日) 12時から30分程

2 場所 芝大神宮(東京都港区芝大門1丁目12―7 電話03-3431-4802) 

3 費用(昼食代は含みません。)
(1) 参拝料 各人毎でのご負担 1,000円程度
(人数により若干変更になる可能性あり)
(2) 通信代等雑費500円

4 参加要領 都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅11時30分集合、
    「日本を護る会」の旗が目印(出口番号は追って連絡申し上げます)

5 その他 昼食会 参拝の後近辺で昼食会を予定しております(2000円位場所
      未定)。希望者のみ、参拝とセットではありません。

6 申込要領 参加ご希望の方は、1月8日(火)までに原則としてメールで
       お申込みください。
*FAXにてお申し込みの場合はご記入後、切り取らずに本ページを送信して
  下さい。 
1月14日(月)の*昇殿参拝のみ*昇殿参拝及び昼食会に参加します。
(どちらかを〇で囲んで下さい。)
ご 芳 名
ご 住 所
電話 Fax:
E-mail
 ★★連絡先★★
NPO法人日本を護る会事務所
FAX:03-3985-1008
e-mail: awake-japan@googlegroups.com
HP: http://awake-japan.sakura.ne.jp/

 
     
「日本を護る会」を語る忘年会のご案内

今年も余すところ一か月半ほどとなりました。 本年は当会が新体制になり10年という大切な節目を迎えました。 

お陰様にて皆様のご協力のもと当会の活動も年々充実をしてまいりました。 一方、更なる会の発展を望むべくこの機会にもう一度当会の趣旨を皆様と共有し、

今年の一年を振り返り、今後の活動の指針といたしたく皆様の参画を頂いて大いに語り合い楽しい忘年の会を催したく下記のごとくご案内申し上げます。 

どうか奮ってご参加いただきたくお願い申し上げます。

                     記
1 日時 : 平成301213日(水) 1830分より(受付開始 18時)
 場所 : カフェ・ジュリエ (Café Julliet)中央区銀座5-13-16東銀座三井ビル
3 参加費 : 3,500円 (1,000円の寄付を頂ける場合)

      

参加ご希望の方は、125日(水)までに原則としてメールにてお申し込みください。

*FAXにてお申し込みの場合はご記入後、切り取らずに本ページを送信して下さい。

 

12月13日(水)の会に参加します。 懇親会( 出席 、欠席 ) どちらかに○印

ご 芳 名

 

  ご 住 所

 

電 話

 

 FAX

E-mail

 

★★連絡先★★  NPO法人日本を護る会事務所 FAX:03-3985-1008

e-mail: awake-japan@googlegroups.com

         ホームページ:  http://awake-japan.sakura.ne.jp/

 

     ------------------------------------------------------------------------------------------------


              78回定例会のご案内                          

  

 秋も深まり、快適な候となりつつありますが、皆様お元気でお過ごしの事と思
います。
今回の講師は現在、ジャーナリスト及び女優としてご活躍中であり、
予備自衛官でもあられる
葛城奈海氏に
お願いしました

「防人と歩む会」会長であり、また自然と調和する社会を目指す「やおよろ
ずの森」の代表でもあられます。
日本の良き伝統を受け継ぐ事は大切である、
との我が「日本を護る会」の理念と通じるところもあります。

講師は多方面にわたり活躍されておられる方ですので興味あるお話になる
事と期待されます。

 より多くの方にこの貴重なご講演にご参加戴きたくご案内申し上げます。

 

            

                                                  

1  演 題 「日本と自然を守る」
 

2 講 師 ジャーナリスト「やおよろずの森」代表「防人と歩む会」会長 
        葛城奈海(かつらぎなみ)
 

 

  3 講師略歴 
   
東京大学農学部卒業後自然環境問題・安全保障問題に取り組み、森づくり、米づくり、漁
   活動等の現場体験をもとにメッセージを発信

   TBSラジオちょっと森林のはなし』森の案内人20082011)、 2011年から尖閣諸島海域
   に漁船で
15回渡り、現場の実態をレポート
 
  林政審議会委員、防衛省オピニオンリーダー、 予備三等陸曹、予備役ブルーリボンの会広報
   部会長

   日本文化チャンネル桜『海幸山幸の詩』レギュラー出演中、言論テレビ『言論さくら組 前へ、
   進め!』出演中、
産経新聞『直球&曲球』連載中

 

  日時 平成30年117日(水) 受付開始 午後600分~開 演 午後630分~
 

5 場所 銀座 カフェ ジュリエ (Cafe Julliet)東京都中央区銀座5-13-16東銀座三井ビル1F
            TEL03-3543-3151
                         東京メトロ 東銀座駅4番出口徒歩1
         (東銀座駅出口4番三原橋交差点から昭和通りを歌舞伎座とは反対方向へ54メートル)
 

6   参加費   2,500円(1,500円の寄付を戴ける場合)、 会員は、2,000(1,000円の寄付を
        戴ける場合)
 学生は1,000円、高校生以下は無料です。

 

講演終了後(午後8時半頃)に軽い懇親会(1時間程度、会費2,000)を講演会場で行います。

お時間のある方は是非ご参加下さい。講演会及び懇親会に御参加希望の方は、1031日(水)
までに原則としてメールにてお申し込みください。

FAXにてお申し込みの場合はご記入後、切り取らずに本ページを送信して下さい。

117日(水)の定例会に参加します。 懇親会( 出席 、欠席 )どちらか○印

ご 芳 名

 

  ご 住 所

 

電 話

 

 FAX

E-mail

 

★★連絡先★★  NPO法人日本を護る会事務所 FAX:03-3985-1008
              e-mail: awake-japan@googlegroups.com
         ホームページ:  http://awake-japan.sakura.ne.jp/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

                    77回定例会のご案内 

 今年の夏はとりわけ猛暑続きでしたが皆様お元気でお過ごしのことと存じます。9月に入り何となく暑さも和らいで来たような感があります。今回の講師は、一般財団法人 日本エネルギー経済研究所参与の十市勉氏にお願いしました。あの東日本大震災から早くも7年以上が経過致しましたが被災者の復帰問題も含め原子力発電所事故の後始末、休止設備の再稼働、廃炉、使用済み燃料の処理など問題は山積しています。国家の存立に不可欠なエネルギー源の大半を海外に頼っている我が国は、長期的なエネルギーの安全保障をどのように確保すべきなのでしょうか? 今回のテーマは当会の講演会ではやや異色とは言えますが、広い意味での国の安全保障の観点から大変興味あるテーマであると思います。 より多くの方にこの貴重な講演にご参加頂きたくご案内申し上げます。
                     

  題  「 我が国のエネルギー政策と原子力発電

2 講 師  十市 勉氏  日本エネルギー経済研究所 参与

3 講師略歴:

   
1968年 ( S 43年)東京大学理学部 地球物理学科 卒業

    1973年 ( S 48年)東京大学理学系大学院 地球物理コース博士課程 修了, 同 理学博士

    1983年 ( S 58年)米国 マサチューセッツ工科大学(MIT) エネルギー研究所 客員研究員

    2006年 (H18年) 専務理事(最高知識責任者) ・首席研究員

    2011年 (H23年 顧問   2017年 (H29年)より参与、現在に至る

   著 書:『シェール革命と日本のエネルギー』 (電気新聞ブックス 201310月同改訂版、20151)

       『実現可能な気候変動対策 -政策・経済・技術・エネルギーのバランス』 (共著、丸善出版 2013)
      他多数


4 日時 平成30年1011日(木) 受付開始 午後600分~ 開 演 午後630分~

5 場所 銀座 カフェ ジュリエ (Cafe Julliet)

   東京都中央区銀座5-13-16東銀座三井ビル1F 03-3543-3151 東京メトロ 東銀座駅4番出口徒歩1

    (東銀座駅出口4番三原橋交差点から昭和通りを歌舞伎座とは反対方向へ54メートル)

6 参加費  2,500円(1,500円の寄付を戴ける場合)、 会員は、2,000(1,000円の寄付を戴ける場合)
      学生は1,000円、高校生以下は無料です。

    講演終了後(午後8時半頃)に軽い懇親会(1時間程度、会費2,000)を講演会場で行います。

    お時間のある方は是非ご参加下さい。 講演会及び懇親会に御参加希望の方は、104日(木)までに
   原則としてメールにてお申し込みください。

    

★★連絡先★★  NPO法人日本を護る会事務所 FAX:03-3985-1008
        e-mail: awake-japan@googlegroups.com
      ホームページ:  http://awake-japan.sakura.ne.jp/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



「日本を護る会」講演会のご案内


  例年にない猛暑の続く今年の夏ですが会員の皆様におかれましては
 暑さに負けずにお元気でご精励のことと拝察いたします。
  今回は中米のエルサルバドル共和国の大使であられるマルタ・リディア・
 セラヤンディア・シスネロス閣下に御
講演をお願いしました。日本滞在
 35年の同大使は心から日本を愛しておられる大の親日家ですので、流
 暢な日本語で外から見た我が国と、この国の将来を担う若い世代への
 期待をこめたお話を伺います。エルサルバドル共和国は日頃ややなじみ
 の薄い国ですので、我々の知らない興味深いお話を伺える大変貴重な
 機会です。
皆様、万障お繰り合わせの上、是非御参加下さいますよう
 御案内申し上げます。

   
                  

1 演題  「外から見た日本-若い世代の人達に期待する事」

2 講師  駐日エルサルバドル共和国大使 マルタ・リディア・セラヤンディア・シスネロス閣下

3 日時   平成3091日(土) 受付開始 午前1030分~ 講演 午前1045分~

      なお、当日は10時~1030分に「日本を護る会」の定時総会が行われます。

4 場所    水交会(JR原宿)東郷神社境内

5 参加費  2,500(500円の寄付を戴ける場合)会員は2,000円、学生は1,000円、高校生以下は不要。

 講演終了後(1230分~14)に懇親会 (会費2,500円、学生以下は2,000)を講演会場で行います。

  お時間のある方は是非御参加下さい。

 講演会及び懇親会に御参加希望の方は、825日(土)までに原則としてメールにて、氏名、住所、電話
 E-Mailをご記入の上、講演会及び懇親会のそれぞれについて参加、不参加を明記しお申し込みください。


★★連絡先★★

NPO法人 日本を護る会 事務局         FAX: 03-3985-1008


   E-Mailawake-japan@googlegroups.com 
 ホームページ : http://awake-japan.sakura.ne.jp




   


  

       

日本を護る会

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-5-12

TEL 03-3985-1008